最高最低温湿度表示,タッチスクリーンとバックライト機能あり,/constipate524579.html,LCD大画面温度計,ThermoPro湿度計デジタル,温湿度計室内,置き掛け両用,www.katasora.com,1747円,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 温度計・湿度計 , 温湿度計 ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 在庫あり タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用 最高最低温湿度表示,タッチスクリーンとバックライト機能あり,/constipate524579.html,LCD大画面温度計,ThermoPro湿度計デジタル,温湿度計室内,置き掛け両用,www.katasora.com,1747円,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 温度計・湿度計 , 温湿度計 ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 在庫あり タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用 1747円 ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 温度計・湿度計 温湿度計 1747円 ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 温度計・湿度計 温湿度計

Seasonal Wrap入荷 ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 在庫あり タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用

ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用

1747円

ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用





◆商品名:ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用タイプ マグネット付 TP55

【現在温度・湿度/過去の最高・最低温湿度表示】大きな画面に温度と湿度を表示してくれるデジタル温度湿度計です。温度計と湿度計が一緒になっているから室内の空調管理がしやすく、赤ちゃんがいる家庭やペット(犬、猫、うさぎ、爬虫類など)のいる家庭におすすめです。風邪や乾燥、カビなどの予防目安として活躍します。現在の室温と湿度が見やすく表示され、同時に過去最高最低の温湿度値も表示されます。この最高と最低のデータは24時間で自動リセットか、リセットするまでの全ての期間での最高最低を表示するのかをボタンひとつで切り替えられます。
【多機能デジタル温度計・湿度計】室温計はブルー色のバックライト機能付きで表示が見やすいです!画面が大きめに設計されているため、少し離れた場所からでも温度と湿度の値を見ることができます。タッチスクリーン 搭載 でタッチボタンを押すだけで簡単に設定出来ます。約10秒間隔で温湿度を表示してくれるので、現在の室内状況もすぐに把握できます。同時に湿度のレベルアイコンは現在の室内空気状態を表示します-- 乾燥/快適/不快。
【三つの設置方法】温湿度計はキッチンや寝室など室内のあらゆる場所で使いやすいように磁石(強力マグネット)、壁掛け、スタンドの3wayで使用ができます。マグネットで冷蔵庫につけたり、卓上で使ったり、目につく場所に掛けたりなど生活のシーンに合わせて設置ができます。
【温湿度計の測定範囲】
表示温度範囲(-50 °C ~ 70 °C)、表示湿度範囲(10% ~ 99% RH)
精度(湿度): 30~80%(±2%)、10 ~30% と80 ~ 99%( ±3% )
精度(温度):-50 °C ~ 70 °C(±1℃)
本体サイズ:高さ11cm×幅8.5cm×奥行2.4cm
素材・材質:ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
生産国:中国
使用電池:単4形乾電池(1.5V)×2個 (動作確認用電池付き)

ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]